韓国式デジタルパーマ

福岡・博多韓国スタイル美容師ヤマサキジュンヤです

 

今回ご紹介するのは韓国式デジタルパーマをご紹介していきます

韓国式デジタルパーマとは❓

韓国人特有の髪の強さを活かしたコテで巻いた様なパーマスタイル

日本式はダメージレスになる様な薬剤選定、熱の温度でパーマ感を出す事が多く自然な仕上りになります。

*コテで巻いた様なパーマをしたい場合は大抵の美容室で断られます

韓国式デジタルパーマの温度

デジタルパーマの機械自体が日本の物とは違う事が多く加熱温度が100度から150度の物が多いです。

皆様150度って想像つきますか?

皆様が使われるコテやストレートアイロンの温度を150度にしてそして少し髪の毛が濡れている状態で5分程そのままの状態にしておく。

考えただけで少し怖いですよね?

韓国でも150度はあまり使う事はない様ですが、しっかりとしたウェーブの場合は150度で5分その後クーリング(冷ます)

こういうやり方もあります。

何故高温に耐えられるのか?

韓国人の髪質は細くて柔らかい髪質の方が多いです。 ただここで日本人との違いは髪の中心部の芯はかなり強いと言うこと

なので強い薬や高温を使用してもダメージが日本人よりは出にくくなります。

*ケラチン補給などのトリートメント処理は確実にします

*スチームトリートメントなども扱っているお店が多いです

さすが美容大国

古き良き日本の美容を知っている方に関してはデジタルパーマが出始めた初頭の頃日本でも

名古屋巻きと言う一世風靡したコテ巻きスタイルありましたよね?

イメージはあんな感じです。

その頃トリートメントの流行始まりだったのでかなりダメージ毛の方は多かったイメージです

韓国でパーマをやる事はありなのか❓

僕のお客様の中にも韓国でパーマをした方も結構います。

仕上りの満足度は高い❗️

みんな気に入っている

しかし3ヶ月後を見てみると乾燥してダメージを受けている方が7割位の割合でいらっしゃいます。

残りの3割の方は髪質が強い、カラーリングをあまりしていない、コテも普段あまり使わない

韓国の女性は普段あまりコテで巻いたりというのは日本の女性よりは少ないです

*韓国に旅行へ行った方はわかるかと思います 自然に下ろしてる方が多い

巻き髪をしてるとしたら無茶苦茶気合入れる時です

最近はSNSの影響などで巻き髪も徐々に増えています

次回は実際に僕が行った施術をご紹介して行きますのでお楽しみに

 

・・junjun後れ毛バング

☑️顔周りのカットで骨格矯正カット✂︎

・・根元パーマ

☑️韓国ヘアスタイルの最大の特徴✨根元のボリュームを独自の技術で再現

*料金は+6000〜円

・・タンバルモリ

☑️日本スタイルとは違う韓国本場のボブスタイルを日本人の髪質に合う様に改良

・・シースルバング

☑️顔の形、眉毛、眼、鼻、口にバランスを合わせたシースルバングを提案

・・韓国カラー

☑️韓国ヘアに欠かせない艶髪を完全オリジナルのカラー配合で叶えます✨

・・ハイトーンカラー

☑️バレイヤージュ、インナーカラーなど最先端のテクニックを発信

・・メンズスタイル

☑️韓国の方もご来店する本格的メンズスタイル

ダウンパーマ+3000円

ご相談下さい

etc・・・

幅広い提案と技術を提供致します。

福岡韓国スタイル美容師の第一人者

本場韓国のヘアスタイルを体感せよ

・プロフィール・

junjun 福岡市出身

福岡・韓国スタイル美容師として2017年より活動

常に最新の韓国スタイルを研究

福岡では初となるトゥインクルモリや根元パーマ、ダウンパーマなどを発信

韓国kpopやドラマ、バラエティにも精通

本場韓国にも旅行に行き現地の韓国スタイルを勉強

年間で韓国スタイルでのご来店が約700人

また海外からの顧客も多く福岡でインターナショナル美容師として活動する『異色の美容師』

コメント

タイトルとURLをコピーしました